特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 「昨年の分も努力」 東海大相模監督ら、市長を訪問 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緑のセンバツ旗を前に、相模原市の本村賢太郎市長(左)に大会への決意を述べる東海大相模の土井崇司校長(中央)と門馬敬治監督=神奈川県相模原市中央区で2021年3月4日、宮島麻実撮影 拡大
緑のセンバツ旗を前に、相模原市の本村賢太郎市長(左)に大会への決意を述べる東海大相模の土井崇司校長(中央)と門馬敬治監督=神奈川県相模原市中央区で2021年3月4日、宮島麻実撮影

 <センバツ高校野球>

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する東海大相模の門馬敬治監督らが4日、相模原市の本村賢太郎市長を訪問した。大会出場を報告した門馬監督は「昨年、3年生が出場できなかった分も精いっぱい努力を重ね、甲子園球場での戦いを迎えたい」と決意を語った。

 門馬監督や同校の土井崇司校長らが訪問。新型コロナウイルスの感染防止で、選手の同行は見合わせた。

 土井校長は「市民の皆様に応援していただけるように努めたい」とあいさつ。門馬監督は「昨年は出発を前にして中止となり悔しい思いをしたが、新チームがその道をつなげた。つかんだチャンスを存分に生かしたい」と述べた。

 東海大相模は、大会初戦で昨秋の関東地区大会で敗れた東海大甲府と対戦する。本村市長は「甲府へのお返しをぜひ果たして、一つ一つ上りつめていただきたい。相模の頑張りが市民の励みになることを期待している」と激励した。【宮島麻実】

あわせて読みたい

注目の特集