特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

目指せ頂点・21センバツ敦賀気比

選手紹介/8 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
守備練習をする斎藤伶也内野手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
守備練習をする斎藤伶也内野手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

思い切りいい打撃 斎藤伶也内野手(2年)

 強い打球を意識した思い切りのいいスイングが特徴。中学時代はがむしゃらにバットを振っていたが、高校では内野手の間を抜ける低い打球を心がけている。最近は下半身や腕のウエートトレーニングの成果が出て、「思い通りの球を打てるようになってきた」と自信を見せる。

 速く正確な送球をするため、トレーニングを積んでいる。川下竜世コーチから「肩周辺の筋肉を軟らかくした方がいい」とアドバイスを受け、パイプを肩の後ろに回すストレッチを心がけてきた。守備練習でもノックの1本目から集中し、「徐々に良くなってきた」と話す。

 昨秋の公式戦出場は1試合のみ。「監督に信頼される選手となり、甲子園で打ちたい」と力を込める。

俊足で持ち味発揮 池淵春介外野手(2年)

打撃練習をする池淵春介外野手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影 拡大
打撃練習をする池淵春介外野手(2年)=福井県敦賀市沓見の敦賀気比高校野球場で、大原翔撮影

 50メートルを6・0秒で走る俊足と機敏な動きが特徴で、走塁や守備に持ち味を発揮する。昨秋の公式戦は、6試合で主に代走で出場し、盗塁も記録した。状況に応じてバントなどを使い分け、他の部員は「器用で頭が良い」と話す。

 打撃が得意ではないと思っている。特に「打ちたい方向に球を飛ばすのが苦手」。北信越大会後の練習では、マシン打撃などで長打や短打、広角への打ち分けを意識して取り組み、「打てるようになってきた」と手応えを感じている。

 尊敬する選手はロッテの藤原恭大選手。走塁や守備などで常に全力で走る姿勢を参考にしているといい、「諦めない精神を見習い、センバツで活躍したい」と意気込む。

あわせて読みたい

注目の特集