連載

聞いて!

毎日新聞デジタルの「聞いて!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

聞いて!

神戸国際支縁機構 東北被災支援、10年で115回

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長
岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

 <地域から>

 国内外で起きた災害の被災者支援に取り組んできた神戸国際支縁機構は今年2月、115回目の東日本大震災被災地支援を行った。神戸からワゴン車に乗って被災地に駆けつける活動を続けて10年。理事長の岩村義雄さん(72)が自ら「ゲリラ的」と呼ぶ活動について語った。【まとめ・湯谷茂樹】

 ■きっかけは空爆

 私が神戸国際支縁機構につながる活動を始めたのは2001年9月11日の米国同時多発テロ事件とその後の米国によるアフガニスタン、イラン、イラクへの空爆がきっかけです。米国の宣教師の影響を受けた日本のキリスト教の牧師となり、ヘブライ語で「シャローム」と呼ぶ平和な時代の到来を信じていました。問題を抱えているものの憧憬(しょうけい)の対象だった民主主義の国。その米国による空爆で、罪のない民が犠牲になり、多…

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2236文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集