特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 「一戦一戦、全力でプレー」 県勢2校、センバツ旗授与式 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ旗を受け取った神戸国際大付の西川侑志主将(左)と東播磨の原正宗主将=兵庫県明石市東仲ノ町で、中田敦子撮影 拡大
センバツ旗を受け取った神戸国際大付の西川侑志主将(左)と東播磨の原正宗主将=兵庫県明石市東仲ノ町で、中田敦子撮影

 明石市東仲ノ町のアスピア明石で4日、センバツに出場する神戸国際大付(神戸市垂水区)と東播磨(稲美町)の両校に、毎日新聞社からセンバツ旗が贈られた。旗を受け取った両校の主将は「一戦一戦、全力でプレーしたい」と甲子園での活躍を誓った。

 授与式は例年、全校生徒の前で行われるが、新型コロナウイルスの感染防止で両校の校長、責任教師、監督、主将のみが参加した。

 神戸国際大付は脇田顕辞・毎日新聞神戸支局長から西川侑志主将にセンバツ旗が手渡された。西川主将は「開会式で旗を持って入場するのが楽しみです」と話した。東播磨は花牟礼紀仁・毎日新聞姫路支局長から原正宗主将に旗が手渡された。原主将は「旗の重みを感じ、改めて先輩の分も全力で戦う気持ちになりました」と話した。

 授与式は壮行会も兼ねており、主催した県高野連の田靡(たなびき)幸夫会長は「周りの方々に感謝して、笑顔ではつらつとしたプレーをしてほしい」と両校にエールを送った。【中田敦子】

〔神戸版〕

あわせて読みたい

注目の特集