特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 医療機関融資1.2兆円 制度開始から1年、1万9154件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の流行で経営が厳しくなった医療機関向けに厚生労働省が所管する独立行政法人「福祉医療機構」が2020年2月に始めた無利子・無担保の融資制度での貸出額が計1兆円を超えた。患者が減少した医療機関が運転資金の目的で借りたとみられる。政府のコロナ対策の補助金が増額されたことなどから医療機関の収支は改善傾向にあるが、一部では厳しい経営が続く。

 政府の財政投融資を活用し、新型コロナで外来休止や患者減など影響を受けた医療機関が対象。減収の程度に応じて一定額まで無利子融資(5年間。上限は病院1億円、診療所4000万円)や、低利の無担保融資を受けられる。減収幅が著しい場合や、新型コロナの診療を行う場合は追加で優遇措置を設けている。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文766文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集