プロ野球 オープン戦 巨人3-2ヤクルト G広岡、古巣に一撃

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (4日)

 ■春風

 新しい本拠地をあいさつ代わりの一発で沸かせた。1日にヤクルトから加入したばかりの巨人・広岡が六回、移籍後初安打となるソロアーチを左翼席にかけた。開幕まで1カ月を切った中での電撃トレードで一躍注目を浴びる23歳は、「割り切ってスイングした。芯で捉えていい感触だった」と表情を緩ませた。

 前日からこの日の四回まで4打数無安打、2三振。「結果を出したいと力が入りすぎた」。六回の第3打席は古巣の抑え・石山との勝負だった。カウント1―1から外角高めの直球をフルスイングした。右の強打者候補との触れ込み通りのパンチ力に、原監督は「いいものが出た」と評価。内外野を守れる万能性も魅力で、今後は正二塁手の座などの争いに加わる。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集