特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

日米豪印でワクチン供給促進を検討 中国に対抗か 英紙報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日米豪印外相会談を前に記念撮影に応じる(左から)ジャイシャンカル印外相、茂木敏充外相、ペイン豪外相、ポンペオ前米国務長官=東京都港区の外務省飯倉公館で2020年10月6日午後5時20分、長谷川直亮撮影
日米豪印外相会談を前に記念撮影に応じる(左から)ジャイシャンカル印外相、茂木敏充外相、ペイン豪外相、ポンペオ前米国務長官=東京都港区の外務省飯倉公館で2020年10月6日午後5時20分、長谷川直亮撮影

 英紙フィナンシャル・タイムズは4日、米政府が日本、オーストラリア、インドと、新型コロナウイルスのワクチンをアジア諸国に供給する計画を協議していると報じた。4カ国による安全保障面などでの非公式な協力の枠組み「クアッド」によってワクチン提供を促進することで、途上国への影響力拡大を図る中国に対抗する狙いがあるとみられるという。

 同紙は、複数の関係者の証言を基に、4カ国が協議を進めていると報道。関係者らの「バイデン政権はクアッドをアジア政策を動かす中核としている」「米国は(計画)準備の最終段階にある。これはインド太平洋における大きく大胆な取り組みになると期待される」とのコメントを伝えた。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文775文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集