絶滅危惧種「ホクリクサンショウウオ」、富山で今年初の産卵確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
富山市ファミリーパーク内で今年初めて確認されたホクリクサンショウウオの卵(中央)=同パーク提供
富山市ファミリーパーク内で今年初めて確認されたホクリクサンショウウオの卵(中央)=同パーク提供

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は2日、環境省のレッドデータブックで、絶滅の恐れが高い「絶滅危惧ⅠB類」に分類されているホクリクサンショウウオの産卵を今年初めて確認したと発表した。順調なら5月ごろにふ化する見込み。

 ホクリクサンショウウオは県内では1~4月に産卵し、成体は約11センチに成長する。…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集