数学の難問「ABC予想」論文掲載 国際専門誌 望月教授が証明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都大数理解析研究所の望月新一教授
京都大数理解析研究所の望月新一教授

 30年以上にわたり未解決だった数学の難問「ABC予想」を証明した京都大数理解析研究所の望月新一教授の論文が、同研究所が編集する国際専門誌「PRIMS」の特別号電子版に4日付で掲載された。

 難解な論文は査読者の理解にも時間を要したとされ、審査に7年半かかった。内容に懐疑的な海外の数学者もいるが、編集に携わった同研究所の玉川安騎男教授は数学的な議論は歓迎しつつも「(…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集