「心と出会って」 千葉の朝鮮学校で美術展 10日まで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉朝鮮初中級学校で開かれている「出会い」展=千葉市花見川区で2021年3月4日、岡本同世撮影
千葉朝鮮初中級学校で開かれている「出会い」展=千葉市花見川区で2021年3月4日、岡本同世撮影

 朝鮮半島にルーツを持つ子どもたちが通う千葉朝鮮初中級学校(千葉市花見川区)で、全国の朝鮮学校の美術部員と同校の児童生徒の作品展「出会い」が開かれている。図工・美術担当の金明仙(キム・ミョンソン)教諭は「学校を美術館にしよう、と話しあった。作品を通して、子どもたちの心と出会いませんか」と呼びかけている。10日まで。

 校舎の廊下には、各地の美術部員の絵画や映像など計79点が並ぶ。同校で学ぶ51人の作品は講堂に展示され、運動会の思い出をのびのびと描いたり、朝鮮民話の一場面を布素材を使ってユーモラスに表現したりしていた。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文469文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集