沖縄・糸満で戦死者とみられる遺骨8体 ガマで発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県糸満市で見つかった沖縄戦犠牲者とみられる大人6人分、子ども2人分の遺骨=浜田哲二さん提供
沖縄県糸満市で見つかった沖縄戦犠牲者とみられる大人6人分、子ども2人分の遺骨=浜田哲二さん提供

 沖縄県糸満市で2月末~3月、大人6人分、子ども2人分とみられる遺骨が見つかった。現場は太平洋戦争末期の沖縄戦で旧日本軍が使っていた壕(ごう)の奥にあり、日本兵ら沖縄戦の死者とみられる。沖縄本島では戦後76年の今も犠牲者の遺骨が見つかっているが、8人もまとまって見つかるのは近年では珍しい。

 発見したのは、沖縄戦の犠牲者の遺骨や遺品を探して遺族に返還する活動をしている団体「みらいを紡ぐボランティア」。約20年前から遺骨収集に取り組む青森県の写真家、浜田哲二さん(58)が妻律子さん(56)と運営している。

 遺骨は自然洞窟「ガマ」を利用した陣地壕の入り口から約20メートルの最深部で、ごみや岩の下から見つかった。近くには軍靴約10足と軍服のボタン数個があった。壕の入り口付近には「中川」と刻まれた万年筆や将校用の飯ごうなどもあったが、遺骨との関係は分からない。日本兵が通常持っていた手投げ弾などはなく、浜田さんは「近くで亡くなった遺体をここに埋葬したのでは」と推測する。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文901文字)

あわせて読みたい

注目の特集