特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

地震予測の舞台裏

「見出しにとられますよ」そして高い発生確率だけ残された /3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
情報公開請求で得られた、地震調査委員会と政策委員会の合同会の議事録=2021年2月26日午後7時35分、柳楽未来撮影
情報公開請求で得られた、地震調査委員会と政策委員会の合同会の議事録=2021年2月26日午後7時35分、柳楽未来撮影

 国の地震調査研究推進本部・地震調査委員会が2013年5月に発表した南海トラフの長期評価は、最終的に、他の地震では使われていない手法ではじき出された30年以内の発生確率「60~70%」が前面に出されることになった。「ものすごい混乱を引き起こす」「予算に影響する」。地震や防災の専門家が激論を交わした検討過程を振り返り、新型コロナウイルス感染症対策にも通じる「科学」と「政策」のあり方を検証する。

懸念があっても「科学的」を重視

 12年の年の瀬、南海トラフの長期評価の公表に向けて、地震調査委員会の準備作業は大詰めを迎えていた。実質的に議論を進めた調査委の海溝型分科会では、委員の多くが「時間予測モデル」で算出された30年以内の発生確率「60~70%」について、科学的に問題が多いと考えていた。01年の前回の長期評価から南海トラフだけで採用されている手法で、同様の高い確率が毎年のように公表されてきた。

 分科会は13年の公表では、他の地震で使われている「単純平均モデル」による確率と両論併記して公表する方針でまとまっていた。単純平均モデルを使うと、発生確率は「10~30%」に下がる。

 当時の分科会の議事録には、次のような委員たちの不安が記録されている。

 「どういうやり方をしても、今出ている確率より低い値しか出てこない」

 「今まで60%、70%、80%だったものが、いきなり20%、30%になったと書いてしまうと、おそらくマスコミは喜んで確率が下がったと書き立てて、今まで何をやってきたのだという話になってしまう。それは、我々の趣旨とは外れている」

 現在の地震学では、…

この記事は有料記事です。

残り3627文字(全文4310文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集