特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン接種でアナフィラキシー発症 すでに改善 国内初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は5日、米ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた30代の女性が、全身性の急激なアレルギー反応である「アナフィラキシー」を発症したと発表した。投薬後、症状は改善したという。海外ではごくまれに起きることが報告されているが、国内での報告は初めて。副反応疑いとして医薬品医療機器総合機構(PMDA)に報告した医療機関は「ワクチン接種と関連がある」と評価している。

 厚労省によると、女性はぜんそくなどの基礎疾患があった。女性は5日に接種を受けてから5分以内にせきがみられ、その後、全身のかゆみやまぶたの腫れなどの症状が出た。厚労省はより詳細な情報を集め、12日にある審議会で安全性について評価する。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文785文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集