初の入管クラスター 収容者58人感染、施設内の閉ざされた実態

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京出入国在留管理局の建物。4フロアが収容施設となっている=東京都港区で2021年2月21日午前10時25分、竹内麻子撮影
東京出入国在留管理局の建物。4フロアが収容施設となっている=東京都港区で2021年2月21日午前10時25分、竹内麻子撮影

 在留資格のない外国人を収容する東京出入国在留管理局(東京都港区)で2月、入管収容施設では国内初の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した。3月16日までに同局の全収容者の4割以上にあたる58人が感染し、職員も合わせると64人が陽性になった。感染した収容者が毎日新聞の電話取材に応じ、施設内の現状を語った。

 同局では建物内の4フロアで男性105人と女性27人(2月18日時点)がブロックごとに分かれ、個室や相部屋で収容されていた。感染は男性の収容エリアで広がった。2月14日に収容者2人と職員1人が体調不良を訴え、翌15日にこの3人を含む5人の陽性が確認された。同局は全収容者をPCR検査し、陽性者と陰性者を異なるブロックに分けるなどしたが感染は拡大。重症者はいないものの、保健所の指示で基礎疾患がある2人…

この記事は有料記事です。

残り2612文字(全文2972文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集