「あの球は何だ?」 味方ベンチも惑わす巨人・井納という男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
巨人に新加入した井納には先発ローテーションの一角としての活躍が期待されている=那覇市で2021年2月25日、角田直哉撮影
巨人に新加入した井納には先発ローテーションの一角としての活躍が期待されている=那覇市で2021年2月25日、角田直哉撮影

 あるときは明快に自分の投球を分析し、あるときはつかみどころのない言動で仲間も惑わす――。プロ野球・DeNAからフリーエージェント(FA)権を行使して巨人に加わった井納翔一投手(34)は、新天地でも不思議な魅力を放っている。以前からの愛称は「宇宙人」。順調に調整を進める右腕の存在感は日ごとに増している。

 巨人のオープン戦初戦となった3日のヤクルト戦(東京ドーム)。井納は三回から2番手で登板した。4回を投げ、1本塁打を含む4安打2四球で2失点。井納は「走者を出してはいけない場面で、しっかりアウトを取らなければ失点につながる。次の登板に生かしたい」と反省したが、…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1080文字)

あわせて読みたい

注目の特集