ソフトバンク開幕投手・石川 2本塁打浴びながらも修正力発揮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-阪神】二回までにソロ本塁打2本を浴びて2失点し、舌を出してスコアボードを見るソフトバンクの石川=ペイペイドームで2021年3月5日、徳野仁子撮影
【ソフトバンク-阪神】二回までにソロ本塁打2本を浴びて2失点し、舌を出してスコアボードを見るソフトバンクの石川=ペイペイドームで2021年3月5日、徳野仁子撮影

 ○阪神4―0ソフトバンク●(5日・ペイペイドーム)

 立ち上がりに課題を残したが、修正力は発揮した。ソフトバンクの開幕投手に決まっている先発の石川は阪神打線にソロ本塁打2本を浴びたものの、五回途中まで2失点にまとめた。「波はあったが、最終的にはそれなりの感覚で投げられた」と収穫を口にした。

 一回、簡単に2死を取ったものの、阪神のドラフト1位新人、佐藤輝に外寄りの直球を左翼のテラ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集