連載

松沢一憲の新・Vライン

後半盛り返した馬に注目する「Vライン」を考案した松沢一憲さんによる予想。

連載一覧

松沢一憲の新・Vライン

馬群をさばく瞬発力 シュネルマイスター

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 過去10年、1番人気は6連対と悪くないが、2、3番人気が4、1連対と不振。馬連で3万馬券と5万馬券が飛び出している。ただ、3けた配当で決まった年も4回あり、堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

 ステップは朝日杯フューチュリティS組が4連対でトップ。次いで、若駒S組が3連対で続いている

 キャリアは1~6戦以上馬が1、3、7、4、2、3連対。戦歴3戦馬が連対への最有力候補となっている。

◎シュネルマイスターは休養を挟んで新馬、ひいらぎ賞を連勝。前走は馬群をさばきながら抜群の瞬発力を発揮し、ノーステッキで後続を3馬身突き放した。距離延長は歓迎で、3戦無敗で堂々と皐月賞に駒を進めたい。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文566文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集