連載

語源由来巡行

今も使われる言葉の語源や由来を探り歩きます。

連載一覧

語源由来巡行

弘法にも筆の誤り(京都市中京区、左京区) 万能の天才、驚異のリカバリー力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
朱雀門跡碑付近から応天門があったあたりを望む=京都市中京区で2021年2月16日午後0時32分、相原洋撮影
朱雀門跡碑付近から応天門があったあたりを望む=京都市中京区で2021年2月16日午後0時32分、相原洋撮影

 「書の名人である弘法大師にも書き損じはある。その道にすぐれた人でも、時には失敗することがあるというたとえ」。「弘法にも筆の誤り」について、大辞林はこう説く。

 「弘法」は真言宗の開祖で、平安時代の高僧・弘法大師空海(774~835年)。諸学諸芸に抜きんでた才能を発揮し、書では「三筆」とうたわれた。

 そんな人物がどんな場面で筆を誤ったのか。弘法大師が開いた高野山(和歌山県高野町)の金剛峯寺がホームページ(HP)の「弘法大師の誕生と歴史 応天門の額」という項で紹介している。こんなエピソードだ。

 宮中諸門の額の字を書くよう命令された弘法大師。「應天門」という字を書いて額を掲げ、下から額を見ると、「應」という字の第一の点が抜けていた(「まだれ」であるべきところが、「がんだれ」になっていた)。いまさら額を下ろすのも大変だし、掲げた所まで登って書くこともできない。周囲は困り果てたが、弘法大師は少しも慌てず、下から墨をつけた筆を投げつけると、「應」の第一点の所に命中し、立派な点が打たれた。神業に…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1317文字)

あわせて読みたい

注目の特集