五島と渋沢、関わり紹介 2人の共通点知って 青木で企画展 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渋沢栄一と五島慶太が手掛けた田園調布と渋谷の街並みをイメージしたジオラマ=長野県青木村田沢の五島慶太未来創造館で2021年3月5日、錦織祐一撮影
渋沢栄一と五島慶太が手掛けた田園調布と渋谷の街並みをイメージしたジオラマ=長野県青木村田沢の五島慶太未来創造館で2021年3月5日、錦織祐一撮影

 現在の青木村出身で東急グループを創業した五島慶太(1882~1959年)と、「日本資本主義の父」と呼ばれた実業家、渋沢栄一(1840~1931年)のつながりを紹介する企画展が6日、同村田沢の学習・交流施設「五島慶太未来創造館」で始まるのを前に5日、報道向け内覧会が開かれた。

 五島は、渋沢が提唱した「田園都市構想」を進める「田園都市株式会社」の鉄道部門、目黒蒲田電鉄(東急電鉄の前身)を1922年に設立したのを機…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集