古墳発見、江戸期の記述は 福山市歴史資料室で考古学企画展 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福山市歴史資料室で始まった企画展「考古学のアーカイブ-太古のめざめ、その沈黙-」=同市霞町1で2021年3月2日、関東晋慈撮影
福山市歴史資料室で始まった企画展「考古学のアーカイブ-太古のめざめ、その沈黙-」=同市霞町1で2021年3月2日、関東晋慈撮影

 古墳の発見を記した江戸期からの文書を紹介する企画展「考古学のアーカイブ―太古のめざめ、その沈黙」が、福山市霞町1の市歴史資料室で開かれている。当時の人々が古代の世界をどう表現したのかうかがえる。入場無料で、31日まで。

 福山で1800(寛政12)~1939(昭和14)年に書かれた15点を展示した。…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

ニュース特集