特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

強者に勝て!・’21センバツ下関国際

選手紹介/4 片桐優介選手/赤瀬健心選手 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
片桐優介選手 拡大
片桐優介選手

チーム随一の俊足 片桐優介(かたぎり・ゆうすけ)選手(2年)

 昨秋の中国大会などでは6番打者として出場し、打率は3割2分4厘、5盗塁を決めた。憧れはプロ野球・ソフトバンクの本多雄一コーチだ。現役だった時に試合を見に行き、その守備範囲の広さに心を奪われた。

 父も高校時代に甲子園を目指しており、父の分も夢の舞台で活躍することを誓う。父とは幼少時から一緒に砂浜で走ったり、スライディングの練習をしているうち、走ることが大好きに。中学では野球のクラブチームのほか、部活動で陸上部に所属していた経験から、チーム随一の俊足を誇る。

 好きな教科は生物。中学時代の恩師が授業時間外でも実験をするなどして教えてくれた思い出があり、今でも好きな教科だ。

守備範囲の広さ 持ち味 赤瀬健心(あかせ・けんしん)選手(1年)

赤瀬健心選手 拡大
赤瀬健心選手

 守備範囲の広さが持ち味のセンター。一番声を出すなどして、明るくチームを引っ張ることを心掛ける。

 坂原秀尚監督から「外野は内野のことをわかっていないといけないし、内野も外野のことを分かっていないといけない」と言われ、意識して練習するようになった。今では「攻撃で自分がランナーの時に、(相手チームの)内野の考えが分かるようになった」と手応えを感じている。

 甲子園では、「チームが勝つために自分のできることを全力でやるだけ」と気合十分。空いた時間は黙々とスイング練習に当て、チームが1点でも多く取れるようにバント練習にも余念が無い。将来の夢は長く野球を続けることだ。好きな言葉は「やればできる」。

〔山口版〕

あわせて読みたい

注目の特集