特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

52年ぶり春・宮崎商

選手紹介/2 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
水谷圭佑一塁手 拡大
水谷圭佑一塁手

チームの首位打者 水谷圭佑一塁手 2年、久峰 174センチ、71キロ

 責任感が強く、チームの精神的支柱。今年の書き初めには「頼れる男に」とつづった。

 一塁をがっちり守りつつ、6番打者としても頼もしい。昨秋の公式戦打率はチームトップの4割4分。上位下位打線の強力なつなぎ手だ。

 元々食が細いタイプだが必死に食トレに励み、昨秋と比べ体重を8キロ増やした。九州大会準決勝で敗れた福岡大大濠戦の動画を何度も見直し、悔しさを忘れないよう努めてきた。甲子園でも強い心で仲間を引っ張る。

逆境でも気を吐く 中野瑛二朗二塁手 2年、本庄 170センチ、64キロ

中野瑛二朗二塁手 拡大
中野瑛二朗二塁手

 柔和な笑顔に秘めた闘志。時折見せる小さめのガッツポーズでチームを鼓舞してきた。

 昨秋の公式戦打率は4割7厘で、水谷選手に続く下位打線の柱。福岡大大濠戦では打線が沈黙する中、気迫のヘッドスライディングで唯一の安打を記録し、気を吐いた。中村碧人主将と並ぶ3盗塁はチームトップ。

 成績優秀で全商簿記検定と情報処理検定各1級。甲子園では「どんな状況もどんな球もあきらめずチームに貢献する」と意気込む。【塩月由香】


 名前の後は学年、出身中、身長、体重

あわせて読みたい

注目の特集