特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

首相が福島・大熊、双葉両町など視察 「国が責任持って復興」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR双葉駅を視察し、伊沢史朗双葉町長(右)からタオルマフラーを贈られた菅義偉首相=福島県双葉町で2021年3月6日午前10時58分(代表撮影)
JR双葉駅を視察し、伊沢史朗双葉町長(右)からタオルマフラーを贈られた菅義偉首相=福島県双葉町で2021年3月6日午前10時58分(代表撮影)

 菅義偉首相は6日、福島県を訪れ、東京電力福島第1原発が立地する大熊、双葉両町など浜通り地域の沿岸市町を視察した。11日に東日本大震災から10年の節目を迎えるのに当たり、復興状況を確認するのが目的。首相は視察後、南相馬市で記者団に「これからの復興については国がしっかり責任を持って取り組んでいきたい」と決意を示した。

 首相は、東京電力福島第1原発で発生し続けている汚染水の処分方針について「いつまでも決定せずに先送りすべきではない。適切な時期に責任をもって決定していきたい」と改めて強調。原発事故に伴う「帰還困難区域」について「たとえ長い年月を経たとしても、将来的に区域の全てを解除する考えに変わりはない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文492文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集