特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医療従事者のワクチン、85%供給未定 高齢者分は99% 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチンの先行接種を受ける医師(右)=北海道釧路市の市立釧路総合病院で2021年3月5日、本間浩昭撮影
ワクチンの先行接種を受ける医師(右)=北海道釧路市の市立釧路総合病院で2021年3月5日、本間浩昭撮影

 新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への先行接種が5日、北海道内でも始まった。81施設・約16万人が対象だが、約85%の供給は未定。4月に始まる高齢者向け接種のワクチンも99%が未定で、先行きが見通せない。鈴木直道知事は、高齢者向けワクチンについて「準備が整った市町村を優先する」との方針を示したが、そもそも確保のメドが立っていない。

 この日、接種を受けた市立釧路総合病院の看護師、原田枝穂さんは「インフルエンザの予防接種よりは痛くなかった。(副反応も)怖いが、働く上では打たない方が怖い」と話した。高平真院長は「やっと希望の光が見えて来た」としつつも「ワクチン供給量に不透明なところがある」と懸念も示した。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文779文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集