特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

被災免れ資格あるか葛藤 「関心持つこと大切」と活動始める大学生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7日に行われる青森市の防災イベントに参加する弘前大の佐々木友喜さん=青森県弘前市文京町の弘前大学で、江沢雄志撮影
7日に行われる青森市の防災イベントに参加する弘前大の佐々木友喜さん=青森県弘前市文京町の弘前大学で、江沢雄志撮影

 仙台市太白区出身で震災後、被災者の話に耳を傾ける「傾聴ボランティア」に関わってきた弘前大人文社会科学部2年の佐々木友喜さん(20)は、東日本大震災から10年を前に、震災を語り継ぐ活動を始める。自身は被災を免れ、自分に語る資格があるのかと自問もしたが、被災者と関わる中で自分にもできることがあるはずだと思うようになった。「震災に関心をもつことの大切さを伝えたい」と語る。

 佐々木さんは震災当時小学4年で、地震があった時は小学校の清掃活動中だった。階段を下りている時に大きく長い揺れを感じ、近くの教室に避難したことを覚えている。自宅は物が散乱したが建物に被害はなく、家族も無事だった。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文948文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集