特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

工業で栄えたこてこての街 なぜ19年も女性リーダーが続くのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選が確実となり、白井文・尼崎市長(左)と手を取り合い喜ぶ稲村和美さん=兵庫県尼崎市で2010年11月21日午後9時42分、竹内紀臣撮影
当選が確実となり、白井文・尼崎市長(左)と手を取り合い喜ぶ稲村和美さん=兵庫県尼崎市で2010年11月21日午後9時42分、竹内紀臣撮影

 全国の自治体で、女性の首長が2%しかいない中、2002年以来19年にわたり、2代連続で女性が市長を務めている自治体がある。兵庫県南部の尼崎市だ。2代連続は尼崎市が初めてで、現時点では他に仙台市だけ。かつて工業都市として栄え、数多くのお笑い芸人を輩出する「こてこて」の関西の街で、なぜ女性リーダーが長く続くのか。各界でジェンダーバランスの悪さが指摘される中、今後、女性リーダーを増やすヒントがあるのではないか。2人のインタビューと周辺の取材から探った。【野口由紀/大阪社会部、稲田佳代/阪神支局】

大気汚染、お笑い、阪神ファン…

 大阪市と隣接し、人口46万人を抱える尼崎市は、高度経済成長期に重厚長大産業で発展し、深刻な大気汚染などでも知られた。全国から労働者が集まって栄えた町だけに庶民的な雰囲気が強い。漫才コンビ・ダウンタウンをはじめ多くの芸人を輩出し、市などが共催するお笑い大会もある。市南部の商店街は阪神タイガースファンが集うことでも知られ、毎年シーズン開幕前に、阪神優勝への「日本一早いマジック」を点灯させる。そんな濃いイメージの街を関西では「あま」の愛称で呼んでいる。

 一方、1980年代以降は産業構造の変化とともに工場や事業所が流出して経済は衰退が進んだ。近年は、大阪や神戸への利便性の高さから、住宅開発が進み、2018年には関西の「本当に住みやすい街」1位に選ばれ、劇的に街の印象を変えつつある。

 ……と、ここまで尼崎の歴史や風土を簡単にまとめてみたが、どこからも「女性」というキーワードは出てこない。関西出身の記者2人にも「尼崎がジェンダー問題への意識が高い」というイメージは全くない。それでもなぜ、「全国初」が実現したのか。疑問を抱えながら、2月上旬、市長室での取材に向かった。

市議会ぐるみの「カラ出張問題」が女性動かす

 「白井前市長の残したレガシーは大きい。市長の仕事をする上で女性としての障壁や困難さは正直、感じたことはないです」。現在3期目の稲村和美市長(48)はこう切り出した。2010年に県議から市長に就任。当時38歳で、女性では史上最年少だった。そのころ、5歳の娘の子育て真っ最中。当初は「幼く見られない髪形に」と美容院でオーダーするなど、年齢も経験も上の幹部や議員に対し、よろいをつけて臨んだが、「市長の仕事で、女性ならではの壁を感じた場面は少ない」という。

 それでも、市長という責任の重い激務と子育ての両立は大変なはず。苦労を隠しているだけではないのか。記者の疑問に対し、稲村さんは「(両立…

この記事は有料記事です。

残り3578文字(全文4640文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集