ANAとJAL計192万件の情報流出 「被害の恐れはない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽田空港の駐機場に並ぶ全日空と日本航空の航空機=2020年10月27日、本社ヘリから撮影
羽田空港の駐機場に並ぶ全日空と日本航空の航空機=2020年10月27日、本社ヘリから撮影

 全日本空輸と日本航空は、スイスのデータ管理会社が不正アクセスを受け、顧客データが流出したと発表した。全日空が約100万件、日本航空が約92万件に上る。流出したのは、いずれもアルファベット表記の氏名や会員番号で、クレジットカード情報やパスワードなどは含まれず、「不正利用による被害の恐れはない」と説明している。

 全日空によると、流出したのは「ANAマイレージクラブ」に入会しているプレミアム会員のアルファベット表記の氏名、会員番号、会員等級の3点。住所やパスワード、パスポート番号などは含まれていない。同社は、世界の航空会社が顧客サービスを共有する航空連合「スターアライアンス」に加盟しており、同連合で共有する会員データの管理に関わっていたスイスの「SITA」社が不正アクセスを受けたことで、会員情報が流出した…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文849文字)

あわせて読みたい

注目の特集