連載

恋するラグビー

合言葉は「ワールドカップの熱狂を止めるな」。ラグビーにまつわる人や話題、その魅力を記者が掘り下げます。

連載一覧

恋するラグビー

ラグビー福岡堅樹、医学部合格で残り少ない試合 胸に秘めた思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【パナソニック-リコー】前半、攻め込むパナソニック・福岡=秩父宮で2021年2月20日
【パナソニック-リコー】前半、攻め込むパナソニック・福岡=秩父宮で2021年2月20日

 夢の階段を一歩上がったスピードスターには、抱き続けた思いがあった。ラグビー・トップリーグ(TL)でパナソニックのWTB福岡堅樹が見せる華麗なステップ、快足を生かしたトライ。その雄姿が見られる試合は、残り少ない。

 子どもの頃から医師になる夢を抱く福岡。自身の医学部合格を知ったのは、2月20日のリコー戦のキックオフ直前だった。喜びをかみしめながら今季初トライを挙げ、チームは快勝。先発出場した6日のキヤノン戦でも持ち味を発揮した。

 前半終盤に自陣左サイドでキックパスを捕球するとハーフウエー左で相手WTBを振り切り、約50メートルを駆け抜けた。得点にこそつながらなかったが、高級スポーツカー「フェラーリ」に例えられる電光石火の走りを披露した。試合終了間際にはゴール前でパスを受け、相手のタックルをいなしてインゴールに飛び込みトライを決めた。

 福岡は「ピーク時に比べると足りない部分がいくつかある」と語った。淡々と言葉を継ぐその貪欲な姿勢が、今季に懸ける…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1523文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集