特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

選手紹介/6 三輪拓未遊撃手(2年) 悔しさ背負い猛練習 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッチボールをする三輪拓未遊撃手=茨城県土浦市中村西根の常総学院野球部グラウンドで2021年3月4日、長屋美乃里撮影 拡大
キャッチボールをする三輪拓未遊撃手=茨城県土浦市中村西根の常総学院野球部グラウンドで2021年3月4日、長屋美乃里撮影

 2年生で唯一、1年からレギュラーを経験している。だからこそ、2年生で一番多く、試合で悔しい思いをしたメンバーでもある。

 2019年秋の関東大会。初戦の相手は健大高崎だった。1点を追う九回裏2死三塁で、2番の自分に打席が回ってきた。ここで打って延長に持ち込みたい場面。当たりはよかったが、打球は弧を描き、左翼手のグラブに収まった。

 「自分のせいで負けた」。必ず借りを返そうと猛特訓を重ねた。守備練習にも力を入れ、全体練習後には毎日2~3時間のノックを受けた。昨年冬に右肩を痛めたが、リハビリを続けながら、けがをしない体を作るためにインナーマッスルを鍛えた。

 中学時代は強豪「東京城南ボーイズ」で三塁手や投手として活躍。中学3年の時には世界少年野球大会日本代表に選ばれ、海外の代表チームとしのぎを削ってきた。

 昨夏チームを引退した3年・陶山歩夢は、シニアチーム時代からの付き合い。その姿勢には、多くのことを学んできた。新型コロナウイルスの影響で、20年5月に甲子園への道が断たれた後も、腐らずに練習に打ち込み、夏に引退するまで助言してくれた。「お前は絶対に(甲子園に)行けよ」。先輩から託された夢を実現する。=つづく


選手データ

▽東京・東蒲中出身

▽身長178センチ、体重73キロ

▽右投げ、右打ち

あわせて読みたい

注目の特集