連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

濱口竜介さん=ベルリン国際映画祭で審査員大賞を受賞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
濱口竜介さん=東京都中央区で2021年3月6日午前11時9分、玉城達郎撮影
濱口竜介さん=東京都中央区で2021年3月6日午前11時9分、玉城達郎撮影

濱口竜介(はまぐち・りゅうすけ)さん(42)

 商業映画とは離れたところで、映画界の常識にとらわれずに道を開いてきた。内外のファンが新作を心待ちにする注目株だが、「映画業界にいる意識は薄いんです」。

 出世作となった「ハッピーアワー」は上映時間5時間超。受賞作「偶然と想像」は、単体では劇場公開しにくい短編を3本並べた作品集。現場スタッフが7、8人のこぢんまりとした体制ながら、事前に1週間以上のリハーサルを重ね、配給や公開は完成後に考えるというぜいたくさ。「商業性は大事だけれど、市場に合わせるより長く残るものを作りたい。その方が結果的には経済的でもある」

 これまでの作品同様、登場人物の会話のうちに、緊迫感が高まっていく。「自分が面白いと思う映画は、最初と最後で大きな変化が起きるもの。対話を通じてそうなる作品を作っている。会話が説明ではなく、身体的な反応を引き起こせばアクションになると思う」

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集