特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「宣言慣れ」顕著 首都圏の人出、再発令後に増加地点多く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影

 首都圏1都3県に対する新型コロナウイルスの緊急事態宣言が8日から再延長期間に入った。ただ宣言に伴う各地の主要駅や繁華街の人出の抑制効果は限定的になっている。NTTドコモの人出データによると、1月の宣言再発令後の2カ月間、首都圏の人出はむしろ増加した地点が多く、宣言長期化による「自粛疲れ」や「宣言慣れ」が顕著になっている。

 政府は今月5日、埼玉、千葉、東京、神奈川に発令している宣言について、病床の逼迫(ひっぱく)が一部地域で続いているなどとして、期限を2週間再延長すると決定。当初2月7日とした期限をいったん3月7日に延長し、今回さらに延ばした。1都3県は不要不急の外出自粛や飲食店に対する営業時間短縮の要請を継続する。

 ただ、外出自粛を浸透させるのは厳しい状況だ。ドコモの人出データで、1都3県計20地点の再発令後初めての日曜日の1月10日と1カ月後の2月7日、直近の週末の3月6日を比較したところ…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文549文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集