特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ注目の市和歌山・小園、練習試合に初登板 近大付に完投

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
練習試合に初登板し、1失点完投した市和歌山の小園=奈良県生駒市の近大生駒グラウンドで2021年3月7日午前9時57分、藤田健志撮影 拡大
練習試合に初登板し、1失点完投した市和歌山の小園=奈良県生駒市の近大生駒グラウンドで2021年3月7日午前9時57分、藤田健志撮影

 19日から阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれる第93回選抜高校野球大会に出場する市和歌山が7日、奈良県生駒市の近大生駒グラウンドで近大付(大阪)と練習試合を行い、3―1で勝利した。今大会の注目投手、最速152キロの小園健太投手(2年)が練習試合に初登板した。

 この日の最速は148キロ。11奪三振、被安打4の1失点、119球で完投した。小園は「自分が思っていたより疲労はない」と満足していた。

 直球だけではなく、変化球も巧みに操る総合力の高さが際立った。完投がテーマだっただけにペース配分を考えた。4回で58球を費やし、「9回で110球ぐらいと考えた」と小園。直球は浮く場面もあっただけに、カットボールやツーシームを織り交ぜ打たせて取り、極力球数を減らすよう意識した。

 昨秋の近畿大会後から取り組んでいる新球のチェンジアップも効果的だった。「打者の反応を見ていると真っすぐに張ってきていたので効いていた」と手応えをつかんだようだ。

 センバツでは大会第4日(22日)第1試合で県岐阜商と対戦する。甲子園のマウンドについては「(半田監督から)投げやすいと言われているので心配していない」。初の舞台を心待ちにしている。【藤田健志】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集