連載

トーク

芸能人やアーティストが自身の作品について語ります。

連載一覧

トーク

尾上松也 「すくってごらん」で映画初主演 ラップや「顔芸」、思いっきり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ポーズをとる尾上松也さん=大阪市北区で2021年2月26日午後5時33分、小出洋平撮影
ポーズをとる尾上松也さん=大阪市北区で2021年2月26日午後5時33分、小出洋平撮影

 田舎町で出会った女性を救うため、なぜか金魚すくいに挑むことになった銀行員の奮闘を描く映画「すくってごらん」(真壁幸紀監督)で主人公の香芝誠役を演じた。映画の主演は初めて。「幻想的で美しい映像に音楽が加わり、新感覚でポップなエンターテインメントに仕上がった」と作品の魅力を語る。

 原作は大谷紀子の同名漫画。上司への不用意な発言から地方の支店に左遷された香芝は、浴衣姿の生駒吉乃(百田夏菜子)に魅了されて金魚すくいの店にたどり着く。制限時間3分で何匹すくえるか。金魚すくいのコツを教わり、その奥深さを知った香芝は吉乃への恋心を抱くが、彼女はある秘密を抱えていた。

 セリフの延長で歌い出すなどミュージカルの要素が盛り込まれ、脚本の第一印象は「分からないことだらけ」だった。同い年の真壁監督と語り合い、原作にはない形でこの映画を完成させようとする心意気に共感。「ぜひ一緒にチャレンジしたいと思った」と語る。作中ではミュージカル出演で培った美しい歌声やラップに加え、オーバーなほどに表情を作る「顔芸」も披露している。「やりすぎていたら監督に引き算してもらえばいいと思っ…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文1026文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集