特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

国際女性デー2021 作家・山本文緒さん 新刊に込めた思い 時代のフィルター、外して /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える作家の山本文緒さん=長野県軽井沢町長倉の丸山珈琲ハルニレテラス店で2021年2月18日、喜屋武真之介撮影
インタビューに答える作家の山本文緒さん=長野県軽井沢町長倉の丸山珈琲ハルニレテラス店で2021年2月18日、喜屋武真之介撮影

 「結婚、仕事、親の介護 全部やらなきゃダメですか?」――。軽井沢町在住の直木賞作家、山本文緒さん(58)の7年ぶりの新刊「自転しながら公転する」(新潮社)のキャッチコピーだ。現代女性の生きづらさを描いて共感を広げている。8日は「国際女性デー」。新刊に込めた思いを聞いた。【聞き手・坂根真理】

幸せの価値基準 人それぞれ

 ――数多くの小説を発表していますが、女性の主人公が多いですね。

 ◆「女性を描きたい」と自覚的に思っていませんが、社会の中で強い人よりは弱い人を描きたい。男女に関係なく、「一見幸せそう」「不満がなさそう」と思われがちな「隠れた弱い人」です。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2367文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集