特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

40人の魂

センバツ・京都国際 小松滉輝投手(2年)/広部航大投手(2年) /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都国際の小松滉輝投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影 拡大
京都国際の小松滉輝投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影

下手投げ挑戦 小松滉輝投手(2年)

 右利きのため、元々は右投げだった。野球を始めて間もない小学6年の頃、右肩のけがをきっかけに左投げへ。2020年秋の公式戦でベンチ入りできず、出場の機会を広げようと下手投げに転向した。「体の使い方がまだ難しい」。試合に出られる可能性がある限り、挑戦を続ける。【中島怜子】


 (1)八景中(兵庫県三田市)(2)173センチ・67キロ(3)左・左(4)やればできる(5)森福允彦(まさひこ)元投手(巨人)(6)きつねうどん


集中切らさず 広部航大投手(2年)

京都国際の広部航大投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影
京都国際の広部航大投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影

 アンダースローで投げるようになったのは中学3年の春ごろ。調子が上がらない中、フォームを変えて下から投げてみたところ、公式戦で打者を抑えられたという。投げ方が近い高橋礼投手(ソフトバンク)を練習中にまねてみることもある。「センバツのベンチ入りは最後まで諦めない。集中力を切らさず投げ込みたい」【中島怜子】


 (1)丸岡南中(福井県坂井市)(2)173センチ・66キロ(3)右・右(4)なせば成る、なさねば成らぬ何事も(5)高橋礼投手(ソフトバンク)(6)サラダ


 【プロフィルの見方】(1)出身中(2)身長・体重(3)投・打(4)好きな言葉(5)憧れの人(6)好きな寮の食堂のメニュー

〔京都版〕

あわせて読みたい

注目の特集