連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

現場から

消された証拠を追え! 捜査に威力、デジタル鑑識 専門企業、破壊PCの検索履歴も復元 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハードディスクを解析のための装置にセットする担当者=大阪市北区で2021年3月1日、森口沙織撮影
ハードディスクを解析のための装置にセットする担当者=大阪市北区で2021年3月1日、森口沙織撮影

 犯罪捜査の現場で、押収したパソコンなどからデータを復旧・解析する技術「デジタルフォレンジック(DF、デジタル鑑識)」の活用が進んでいる。消された証拠をよみがえらせるDFの実力とは。データ復旧を国内でいち早くスタートさせ、全国の捜査機関や企業から依頼を受ける大阪の会社を訪ねた。【森口沙織】

 大阪市北区のデータ復旧会社「アイフォレンセ日本データ復旧研究所」は、1998年の創業時から破損したパソコンなどのデータ復旧業務を請け負ってきた。JR大阪駅前にある研究室のようなオフィスには、ハードディスクなど情報機器が並び、解析のための専用機材が数台設置されている。壊れた機器を扱う場合などには、ほこりや静電気を防ぐため、職員は全身に専門の作業着を着用して作業している。

 創業者で社長の下垣内太さん(46)は、これまで約7000件の機器を解析してきた。2018年には復旧技術に関する特許も取得した。社員は6人と少数だが、高い技術が評価され全国から依頼が相次ぐ。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文975文字)

あわせて読みたい

注目の特集