特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

強く、前に・明徳義塾

選手紹介/7 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
矢野勢也投手(1年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
矢野勢也投手(1年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

サイドスローに転向 矢野勢也投手(1年)

 130キロ台後半のスピードと球威のある球が魅力のサイドスローで、変化球も多彩。公式戦出場機会はまだないが、「三振が取れる、これからが楽しみなピッチャー」(加藤愛己捕手、2年)、「野手としての能力も高い」(佐藤洋部長)と周りの期待も大きい選手だ。

 昨年の夏ごろ、馬淵史郎監督から「投げるときの腰の動きが横振りだからサイドの方がいい」とアドバイスを受け、オーバースローからサイドスローに転向した。実践すると投げやすく、よりしっくりくるフォームを今も模索している。

 憧れる選手は特にいないが、「リズムよくぽんぽんアウトを取っていけるピッチャー」が理想。球数制限のある今大会、登板の可能性は大いにある。「バンバン抑えてチームに貢献したい」と備える。

 右投げ右打ち。朝倉市立南陵中(福岡県)出身。

強気で奮いたたせる 江坂斗航捕手(2年)

江坂斗航捕手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
江坂斗航捕手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

 リードが課題だが、スローイングとバッティングはレギュラー陣と変わらない実力を持つ。この冬場もバッティングは好調。いつ出番が回ってきてもいいように万全の準備をしている。

 野球を始めたのは小学2年で、明徳義塾OBの父の影響だった。幼い頃から甲子園やテレビで明徳の試合を見ていたが、同じ気持ちで一人一人がやるべき仕事を果たしている姿がかっこよく見えた。

 「明徳の正捕手になりたいと思って入学したので、2番手で悔しさはある」と話す。大事にしているのはいつでも強気でいることだ。試合用帽子のつばにも「強気」の2文字を書き、自分を奮い立たせている。「いつでも抜いてやるという気持ちでやっている。甲子園でも自分にできることをやっていきたい」と静かに闘志を燃やす。

 右投げ右打ち。佐賀市立城北中出身。

あわせて読みたい

注目の特集