特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王-佐藤康光九段 第37局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

本格正統派?

 [先]2五同飛に[後]1四角は[先]2三飛成[後]同角[先]4五桂[後]4四銀[先]8六角で後手の角が使いづらい。佐藤は無難に[後]2四歩と受けた。銀を引き桂を跳ねる。手損もいとわず何でもあり、を成立させる佐藤将棋は近ごろ丸太流と呼ばれている。剣や槍(やり)ではなく、丸太を振り回すような独創的で破壊力のある様を表しているようだ。本人は「さまざまな特徴のもとに名称をいただくことはありがたいこと」としつつ、「私自身は本格正統派と思っています」。この返しはもはやお決まりのジョークのようになっている。

 豊島も金を2枚とも右辺にずらして、こちらも変則的に対応した。[後]2六歩に桂を取らず「結局受けなきゃいけないから」と先に[先]3八金と寄った。佐藤は桂取りの催促に[後]2四飛と再び飛車浮き。先手は桂は取れたが歩切れ。後手は歩得と飛車先の歩が主張だ。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文847文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集