特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

ヤングケアラー~幼き介護

菅首相 ヤングケアラー支援を初表明 「しっかりと取り組む」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午前9時21分、竹内幹撮影
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午前9時21分、竹内幹撮影

 通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」について、菅義偉首相は8日の参院予算委員会で「当事者に寄り添った支援にしっかりと取り組む」と表明した。首相がヤングケアラー支援に言及したのは初めて。3月中にも発足する厚生労働省と文部科学省によるプロジェクトチーム(PT)で具体策を議論する。

 首相は「病気がちの親を幼い頃から世話したり、障害があるきょうだいの面倒をみたりすることにより、学校に通えない、友達と遊べないなど、子どもらしい暮らしができないことは大変つらいことだと思う」と強調。ヤングケアラー問題の背景に「親の介護、障害、貧困などさまざまな要因が絡み合っている」との見方を示した。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文485文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集