特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

総務省、東北新社の事業者認定「対応が必要」 参院予算委詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で質問を聞く菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午後1時48分、竹内幹撮影
参院予算委員会で質問を聞く菅義偉首相=国会内で2021年3月8日午後1時48分、竹内幹撮影

 総務省は8日の参院予算委員会で、菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」が2017年、外国資本の出資規制に抵触した状態で事業を子会社に引き継ぎ、事業者認定は本来取り消されるはずだった可能性があると認めた。担当局長は「承継元に瑕疵(かし)があった可能性があり、行政として何らかの対応が必要だ」と述べた。立憲民主党の小西洋之氏への答弁。詳報は以下の通り。【東久保逸夫】

長男から「申し訳ない」と電話

 小西氏 菅総理は今回総務省の官僚の皆さんが処分された後に、長男の方とですね、本件について話をしなかったんですか。調査前にはお電話して、調査に協力するように言ったと答弁されてますけども、総務省の官僚の皆さんが処分された後に、長男の方とは何ら話をしてないんですか。

 首相 まず、長男から私に対して当初申し訳ないという電話はありました。それ以外については総務省の皆さんとのことについては全く話してません、

 小西氏 長男の方から申し訳ないという連絡があったときに、あなたは何の役割を果たしていたのかということを聞かなかったんですか。

 首相 私は聞いておりません。

 小西氏 私は菅総理は本当に無責任なんだと思うんですね。菅総理の政治責任の有無についてだけお答えください。

 首相 総務省において徹底した調査を行っていることは私も当然承知してます。その中で、私が長男から聞き取りを行い、そうしたことがあればですよ。総務省によって調査の公正さ、そうしたものに疑念を生じさせる恐れがあるために、そうしたことはさせずに控えるべきだということを私は申し上げました。

 政治責任については、政治家の責任の果たし方というのは、状況に応じて自ら考えるべきものだというふうに思います。その上で今回の件について申し上げれば、国民の信頼を大きく損なうことになったことは、…

この記事は有料記事です。

残り3860文字(全文4632文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集