特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

羽田王国か、自民奪還か 事実上の与野党一騎打ち 参院長野補選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
事務所開きで気勢を上げる羽田次郎氏(右から3人目)ら=長野県上田市で2021年3月6日午前11時50分、鈴木英世撮影
事務所開きで気勢を上げる羽田次郎氏(右から3人目)ら=長野県上田市で2021年3月6日午前11時50分、鈴木英世撮影

 「羽田王国」継続か、自民党の議席奪還か――。立憲民主党の羽田雄一郎・元国土交通相の死去に伴う参院長野選挙区補選(4月8日告示、25日投開票)の告示まで1カ月を切った。立憲は羽田氏の弟次郎氏(51)、自民は元衆院議員の医師、小松裕氏(59)の擁立を決めており、与野党の新人による事実上の一騎打ちになる見通しだ。【島袋太輔、鈴木英世】

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1151文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集