菅首相の4月訪米を招待、首脳会談を検討と報道 米メディア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ホワイトハウスで3月6日、APx Brandon)
バイデン米大統領=ホワイトハウスで3月6日、APx Brandon)

 米ニュースサイトのアクシオスは7日、バイデン大統領が早ければ4月にも、菅義偉首相をホワイトハウスに招待し、日米首脳会談を開催することを検討していると報じた。実現すれば、1月に発足したバイデン政権で初の海外首脳の訪米と対面式の会談となる。複数の関係者の話として伝えた。新型コロナウイルスの感染状況によっては、5月以降にずれ込む可能性もあるとしている。

 米側としては早期の会談開催で、日米同盟の揺るぎない結束を強調。「競合国」と位置づける中国をけん制する狙いがある。日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国は今月中にオンライン形式の首脳会合(クアッドサミット)も開催する方向で調整している。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集