メーガン妃「英王室内部から肌の色を懸念された」 長男妊娠時

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英王室の公務を昨年引退したヘンリー王子(36)の妻メーガン妃(39)は7日放映の米CBSテレビのインタビューで、アフリカ系の血を引くメーガン妃が長男アーチーちゃん(1)を妊娠した際、英王室内部から肌の色を「懸念」する声があったと明らかにした。長男には王子の称号を与えず、警備も提供できないと告げられ…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集