特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

米政府、ジェンダー政策協議会を設置へ 男女共同参画を推進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ホワイトハウスで3月6日、APx Brandon)
バイデン米大統領=ホワイトハウスで3月6日、APx Brandon)

 バイデン米大統領は「国際女性デー」の8日、男女共同参画や機会均等を推進するジェンダー政策協議会をホワイトハウス内に設置する指示など二つの大統領令に署名する。協議会は各省庁の施策をジェンダーの観点から点検し評価、政策を提案する。今後、政府横断的なジェンダー推進計画を策定し、目標達成の進捗(しんちょく)を大統領に報告するとしている。専従の大統領補佐官も任命される。

 バイデン政権は女性を含めたすべての人の社会参画が「国内外の経済や公衆衛生、安全保障に不可欠」だとして、男女平等の推進に力を入れる。副大統領には初めて女性が就任。閣僚ポストのほぼ半数が女性となったほか、ホワイトハウスの広報担当チームは管理職全員が女性となった。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文681文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集