日本海海戦で沈没のロシア艦隊救出劇 継承を 島根で慰霊碑移設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
和木地域コミュニティ交流センターの敷地内に移設されたイルティッシュ号殉職者慰霊碑=島根県江津市で2021年3月6日午前11時31分、萱原健一撮影
和木地域コミュニティ交流センターの敷地内に移設されたイルティッシュ号殉職者慰霊碑=島根県江津市で2021年3月6日午前11時31分、萱原健一撮影

 日露戦争の日本海海戦で、島根県江津市和木町の真島沖に沈没したロシア・バルチック艦隊の特務艦「イルティッシュ号」の乗組員を町民らが救助した史実を広く知ってもらおうと、町内の海岸沿いに建てられていた「殉職者慰霊碑」が和木地域コミュニティ交流センターの敷地内に移設された。交流センターで6日、式典があり、町民たちは改めて「先人の人類愛」の継承を誓った。【萱原健一】

 イルティッシュ号は1905年5月28日、日本艦隊の砲撃を受けて沈没。和木町民らが漁船などを出して乗組員265人を救助した。翌年から5月末に開かれ続けてきた集いは、今も「ロシア祭り」として公民館などで開催され、「敵国の人を助けた先人の精神」が語り継がれている。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集