ウミウシが頭部から体全体を再生 大部分切断でも 奈良女子大確認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
頭部(左)で「自切」したウミウシの一種「コノハミドリガイ」=奈良女子大大学院生の三藤清香さん提供
頭部(左)で「自切」したウミウシの一種「コノハミドリガイ」=奈良女子大大学院生の三藤清香さん提供

 海洋生物・ウミウシの一種が、心臓など体の大部分を自ら切断(自切)した後、残った頭部から体全体を再生できることを奈良女子大の研究グループが発見した。失った体の大部分を再生できる例として水生生物のプラナリアやゴカイなどが知られるが、グループは「複雑な身体構造を持つ生物で確認されたのは初めてとみられる」としている。9日付の米科学誌カレント・バイオロジー(電子版)に掲載された。

 ウミウシの一種「囊舌類(のうぜつるい)」のうち、食べた海藻から取り込んだ葉緑体で光合成できる「コノハミドリガイ」と「クロミドリガイ」、計15体で確認した。飼育していたウミウシが自切して頭部と体に分離したため、観察を続けたところ、全体の2割以下の重量に過ぎない頭部から1週間以内に体の再生が始まり、3週間後にほぼ完全な状態となった。切り離した体部分は頭部を再生することはできなかったが、それでも最長で…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文696文字)

あわせて読みたい

注目の特集