特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

女性首長ゼロの愛知 ママ友の支えで初当選 41歳市議の手応え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「子ども条例を作りたい」と語る青山晃子・愛知県岡崎市議=岡崎市で2021年2月5日午後0時20分、細川貴代撮影
「子ども条例を作りたい」と語る青山晃子・愛知県岡崎市議=岡崎市で2021年2月5日午後0時20分、細川貴代撮影

 日本の女性議員の数は先進国と比べて圧倒的に少ない。内閣府の資料によると、衆議院の女性議員比率は9・9%(2020年6月現在)で、190カ国中163位の低さだ。愛知県内も女性首長はゼロで、県議会の女性議員割合は4・9%、市町村議会では約17%と低い。そんな中で女性たちはどのような思いで議員に立候補し、仕事にどう向き合ってきたのか。4回にわたって報告する。【細川貴代】

 20年10月の岡崎市議選で初当選した青山晃子議員(41)は、子育て支援の市民団体代表から立候補し、初当選した。議員になって約5カ月間を「やりがいも手応えも十分に感じてます」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文835文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集