平群のメガソーラー差し止め提訴 住民「説明不十分」 奈良地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
提訴会見を行う原告ら=奈良市で2021年3月8日午前11時31分、林みづき撮影
提訴会見を行う原告ら=奈良市で2021年3月8日午前11時31分、林みづき撮影

 奈良県平群町櫟原で建設工事が進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、地元住民ら約1000人が8日、土砂災害の危険性が高まるなどとして、事業主体の「協栄ソーラーステーション合同会社」(東京都港区)に工事の差し止めを求め、奈良地裁に提訴した。

 訴状によると、森林を伐採し、約48ヘクタールの土地にソーラーパネル約5万3000…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

注目の特集