特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・視点

秋田県にかほ市長 市川雄次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市川雄次氏
市川雄次氏

非常事態の自治体の責務 「想定外」に柔軟に対応する「覚悟」

 秋田県南西部に位置する当市は南に鳥海山、西に日本海を臨む山と海に抱かれた風光明媚なまちです。芭蕉の奥の細道の最北端の地として有名な象潟も当市随一の名所です。元禄2(1689)年の松尾芭蕉の句「汐越や鶴脛ぬれて海涼し」には、まだ外海の潮が流れ込む様子が描写されていますが、115年後の文化元(1804)年に当地を襲った象潟地震で一帯が隆起し、現在の様子になりました。最大震度は6~7といわれ、津波被害も大きなものでした。

 にかほ市では現在、東日本大震災が海溝での連動型地震であったことを踏まえ「にかほ市津波避難地図」を整備しています。日本海の海溝型大地震の「想定外」を想定し、最悪の3海域同時の連動地震発生に備えたものです。この先、経済被害が国家予算の2倍以上ともいわれる「南海トラフ地震」や、首都機能を直撃する「首都直下地震」が懸念されていますが、国土の成り立ちや地理的条件が特殊なわが国にとって、大震災や大水害は宿痾…

この記事は有料記事です。

残り2581文字(全文3020文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集