特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夢の舞台へ’21センバツ八戸西

選手紹介/6 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中田雄大選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影 拡大
中田雄大選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影

唯一の下手投げ 中田雄大選手(2年)

 投手陣唯一のアンダースロー。継投で出場したときに相手のリズムを崩せるよう、コントロールや変化球に磨きをかける。

 相手選手を観察し、特徴や癖を見抜くのが得意。秋の大会は出場機会がなかったが、データを集めてベンチから仲間に助言を送り、試合に貢献してきた。一歩引き、いつもチームの勝利を一番に考えている。

 「自分の役割を全うしたい」。甲子園ではなすべき「仕事」に全力を尽くす覚悟だ。

志願のコーチャー 石屋尚士選手(2年)

石屋尚士選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影 拡大
石屋尚士選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影

 入部しても試合に出られない日が続いた。出場できなくても試合に関わりたいと、1年の秋に自らサードコーチャーに志願した。

 秋季東北大会準々決勝の花巻東戦では2点差で無得点のまま迎えた九回。「ゼロでは終わらせない」と二走の選手と示し合わせ、安打の際に本塁まで突っ込むよう判断、生還させた。

 努力家で負けず嫌い。チームの誰よりも慕われている。「声かけてしっかりチームを盛り上げていきたい」

期待される代打 出貝尋選手(2年)

出貝尋選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影 拡大
出貝尋選手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影

 練習試合でも打率が高く、「右の代打」として期待されている。守備位置は一塁だが捕手の経験もある。ブルペンでは率先して投手の球を受け、積極的にチームのために動く。

 初球から振れるようになることが課題。冬の間にティーバッティングでさまざまな位置でボールを打つよう練習を重ね、いい当たりが増えた。

 「いつ出場してもいいようにベンチでも相手投手のタイミングをとり、初球から決めたい」と意気込む。

あわせて読みたい

注目の特集